スポンサードリンク


映画『食堂かたつむり』キャスト発表 主人公・倫子役に柴咲コウ



新人作家・小川糸の小説『食堂かたつむり』(ポプラ社)が映画化されることになり、主人公・倫子役を女優で歌手の柴咲コウが演じることがわかった。一時的な心因性失声症を患い、回想のシーン以外、ラストまで一言もしゃべらない難役に挑む柴咲は「自分の感化されやすい部分を活かせたら、と思います。作りこむのではなく『そこ』に佇むことで自然と倫子になれるような。しゃべれない役の時、気づけば普段も無口無言になっています」と自信を見せる。2008年1月にポプラ社より刊行された同小説は、“食べることは生きることだ”という普遍的なメッセージが、20〜30代の女性を中心に支持を集め、現在26万部のヒット作となっている。

柴咲コウが演じる倫子は掃除・洗濯など家事が得意で、おせち料理も自分で作るほど、大の料理好きということもあり、「自信があるわけではないですが、日々の家での生活を飾らずに、プラス懸命に愛情をこめてできれば大丈夫だと思います」と頼もしいコメントも寄せている。

最近ちょっと話題が少なくなっていた柴咲コウさん。

久々の映画の主演が楽しみですね。

新しい恋人とはうまくいっているのかな?

引用:ヤフーニュースヘッドライン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。