スポンサードリンク


長澤まさみがセクシー路線に転向のワケ “月9”はコケられない!

女優・長澤まさみがCMで世に問う、革命的な「突出」が議論を呼んでいるという
すでにご覧になった方も大勢いると思うが先月から放送されているエプソンのプリンター「カラリオ」。長澤がヨガに挑戦し、今まで隠してきた巨乳のラインを 強調するかのようなCMの仕上がりになっているネット上では ≪最近、長澤まさみはボインキャラ解禁なんだね≫との声が・・・。 所属する東宝芸能では、沢口靖子、水野真紀と続く清純派お嬢様路線を継承すると言われていた。

長澤まさみ.jpg
性的印象の喚起はご法度。一体何がそうさせたのか。
(以下引用) 「主演した『セカチュー』以降映画はヒットせず、 ドラマ『セーラー服と機関銃』も視聴率10%を切り、打ち切り。 4月からは月9も控え、責任は重大なだけに、 何か『突出』することで話題づくりが必要なんでしょう」 (作家・金沢誠氏) 若手女優百花繚乱のいま、好敵手の存在も「突出意識」を促進。 「長澤が『ラフ』という超駄目作に出演してしまったのを尻目に 『フラガール』の蒼井優が各賞を総ナメ。蒼井の一年でした。 番長キャラの沢尻エリカに対抗する構図だったが、 そこに宮崎あおいが出てきてしまった もともと同性の支持は全くないため、思い切って体を出す路線に 転換したのでは」(映画ライター・よしひろまさみち氏) (引用 週刊文春)
確かに、セカチュー以来の大ヒット作は生まれていない。 4月からの月9は絶対にコケられないだろう。しかもダブル主演の相手はジャニーズの山下智久これで視聴率が取れなければ数字が取れないイメージがついてしまう。
長澤は女性の支持があるタイプではないので、思い切って体のラインを出し男性ファンの再獲得に出たのだろう。どれくらいの視聴率が取れるか、注目である。ドラマの仕上がりも今から楽しみだ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。