スポンサードリンク


池脇千鶴プロフィール

池脇千鶴プロフィール

池脇千鶴(いけわき ちづる、1981年11月21日 - )は、 大阪府東大阪市出身の女優。
エス・エス・エム(吉本興業系)所属。血液型O型。
大阪府立玉川高等学校卒業(現・大阪府立枚岡樟風高等学校)。
愛称は「ちぃちゃん」。



池脇千鶴.jpg可愛い写真見つけました
略歴
1997年、テレビ東京のオーディション番組、ASAYANの「CM美少女企画」第二弾「三井のリハウス」“リハウスガール”オーディションで、8000人の中から市川準監督に見初められ、第8代リハウスガールとして芸能界デビューする。2000年には、同CMで「40th ACC CM FESTIVAL」主演賞を受賞した。

1999年、市川監督作品『大阪物語』で沢田研二・田中裕子演ずる夫婦漫才師の娘・霜月若菜役を好演、映画デビュー。 第54回毎日映画コンクール・スポニチグランプリ新人賞、 第73回キネマ旬報新人女優賞などを受賞した。
NHK連続テレビ小説『ほんまもん』主演。
2004年には、映画『ジョゼと虎と魚たち』で妻夫木聡とのベッドシーンに体当たり的演技で挑戦。同作はデビュー当初から頻繁に池脇を起用してきた犬童一心監督の作品であり、話題性の向上という面で恩返しをした事になる。なお、同作品で第18回高崎映画祭最優秀主演女優賞を受賞している。

出演

テレビ
大河ドラマ「徳川慶喜」(1998年、NHK)
BSドラマ「木綿のハンカチ2 〜ライトウインズ物語〜」(1998年、NHK)
日本テレビ開局45周年記念番組「世紀末の詩」(1998年、日本テレビ)
救命病棟24時(1999年、フジテレビ)
リップスティック(1999年、フジテレビ)
金曜エンタテイメント 真夏の恐怖ミステリー2 ほんとにあった怖い話(1)序章(1999年、フジテレビ)
金曜ドラマ「美しい人」(1999年、TBS)
2000年正月スペシャル 向田邦子新春ドラマ あ・うん(2000年、TBS)
カネボウヒューマンスペシャル最終回「大地の産声が聞こえる―15才 いちご薄書―」(2000年、日本テレビ)
ドラマスペシャル 手塚治虫劇場「るんは風の中」(2000年、テレビ朝日)
Summer Snow(2000年7月〜9月、TBS)
慎吾ママドラマ・スペシャル「おっはー」は世界を救う!(2001年、フジテレビ)
日本テレコム感動ドラマスペシャル「いくつもの海を越えて」(2001年、日本テレビ)
月曜ドラマスペシャル「母業失格」(2001年、TBS)
土曜ワイド劇場「天の瞳2」(2001年、テレビ朝日)
学校の怪談 春の物の怪スペシャル「何かが憑いている」(2001年、関西テレビ)
連続テレビ小説「ほんまもん」(2001年 - 2002年、NHK)
新春ドラマスペシャル「鉄道員(ぽっぽや)/青春編」(2002年、テレビ朝日)
北野武の色彩大紀行〜真実の色を求めて〜(2002年、テレビ朝日)
東芝日曜劇場「太陽の季節」(2002年、TBS)
火曜時代劇 怪談百物語「ゴースト」(2002年、フジテレビ)
聖夜のドラマスペシャル「彼女たちのクリスマス 〜イブの旅立ち〜」(2002年、フジテレビ)
「相棒」最終回スペシャル(2002年、テレビ朝日)
ドラマスペシャルLOVERS 第2話「キャメルのコートを私に」(2003年、TBS)
火曜時代劇(スーパー時代劇)「大奥」(2003年、フジテレビ) 連続ドラマ「火消し屋小町」(2004年、NHK総合)
新春ドラマ祭「ナニワ金融道6」(2005年、フジテレビ)
NHKスペシャル 終戦60年企画「象列車がやってきた」(2005年、NHK)
金曜ナイトドラマ「時効警察」第2話ゲスト(2006年、テレビ朝日)
感動ドラマ特別企画「少しは、恩返しができたかな」(2006年、TBS)
世にも奇妙な物語 15周年の特別編「リプレイ」(2006年、フジテレビ)
NHK 金とく「みちくさ」(2006年、NHK総合<東海・北陸ブロック放送)
大河ドラマ「風林火山」(2007年1月〜、NHK)

映画
「大阪物語」(市川準監督、1999年、東京テアトル)
「金髪の草原」(犬童一心監督、2000年、ザナドゥー)
「化粧師 KEWAISHI」(田中光敏監督、2002年、東映)
「猫の恩返し」(森田宏幸監督、スタジオジブリ制作、2002年、東宝)
「ジョゼと虎と魚たち」(犬童一心監督、2003年、アスミック・エース)
「きょうのできごと - a day on the planet - 」(行定勲監督、2003年、コムストック)
「火火」(高橋伴明監督、2005年、ゼアリズエンタープライズ) 「誰がために」(日向寺太郎監督、2005年、パル企画、マジックアワー)
「機動戦士ΖガンダムII 恋人たち」(サラ・ザビアロフ役 富野由悠季監督、サンライズ制作、2005年、松竹)
「ナイスの森 〜The First Contact〜」(石井克人、伊志嶺一、三木俊一郎監督、2006年、ファントム・フィルム)
「ストロベリーショートケイクス」(矢崎仁司監督、2006年)

舞台
若き日のゴッホ(ニコライス・ライト作、ジャイルス・ブロック演出、2003年、日生劇場・大阪松竹座)

CM
三井不動産販売/三井のリハウス(1997年 - 2000年)
NTT DoCoMo関西/デジタルムーバ(1997年 - 1998年)
UHA味覚糖/ピピンピュア (1998年 - 1999年)
P&G/ウィスパー フレッシュ スリム(1999年)
日本テレコム/ODN (1999年 - 2001年)
HOYA ビジョンケアカンパニー/HOYALUX(1999年 - 2001年)
ダイドードリンコ/ミスティオ(1999年)
松下電器産業/ナショナル イメージキャラクター(2000年 - 2002年)
農林中央金庫(2000年 - 2002年)
ライオン/ビトイーンライオン(2001年 - 2002年)
キリンビール「のどごし<生>」(2007年)

書籍
池脇千鶴 そのままの私(1999年、日本文芸社)ISBN 4537026774

写真集
Hanapepe(1999年、ティ・アイ・エス)ISBN 4886181945
tesoro(2000年、角川書店)ISBN 4048532715
まっすぐ(2002年、ワニブックス)ISBN 4847027450
月刊池脇千鶴(2006年6月、新潮社)ISBN 4107901602

(引用:ウィキペディア
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。